産経ニュース

【小中学校囲碁団体戦】駿台甲府小A3連覇 中学生は梨大付属が全国大会へ

地方 地方

記事詳細

更新

【小中学校囲碁団体戦】
駿台甲府小A3連覇 中学生は梨大付属が全国大会へ

 第15回文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦(日本棋院、産経新聞社主催)の県大会が8日、甲府市酒折の山梨学院大で開かれた。

 小学生の部は8チームが熱戦の末、駿台甲府小Aチームの松下寛明君、坂本竜君、清水捷映君(いずれも6年)が優勝し、同メンバーで3連覇を果たした。

 松下主将は「ミスをしないように心掛けた。昨年の全国大会は6位だったので、今年は優勝を目指したい」と話した。

 中学校の部は山梨大付属中チーム以外に出場校がなく、同チームの大柴智親君(3年)、内田莉緒さん(同)、渡辺諒太郎君(2年)の全国大会出場が決まった。

 小学5年で全国ベスト8になった経験を持つ大柴主将は、「自分たちができることをやり、1次リーグ突破を目指す」と意気込みを語った。

 県大会にはこのほか、山梨学院小、駿台甲府小、山梨大付属小、富士河口湖町立船津小から計8チームが出場し、日頃の練習の成果を発揮した。

 全国大会は今月29、30日に東京都千代田区の日本棋院で開催される。