産経ニュース

麻原死刑囚ら7人刑執行 福岡のアレフ道場に立ち入り検査 

地方 地方

記事詳細

更新


麻原死刑囚ら7人刑執行 福岡のアレフ道場に立ち入り検査 

「アレフ」の福岡道場の立ち入り検査に入る九州公安調査局の調査官 「アレフ」の福岡道場の立ち入り検査に入る九州公安調査局の調査官

 オウム真理教事件をめぐり、死刑が確定していた教祖の麻原彰晃死刑囚=本名・松本智津夫(ちづお)=ら7人の死刑が執行された6日、公安調査庁は、団体規制法に基づき、オウム真理教の後継団体「アレフ」の福岡道場(福岡市博多区)への立ち入り検査をした。検査は平成29年12月以来で、施設内の様子や活動状況などを確認した。

 午前11時50分ごろ、九州公安調査局の調査官7人が、道場が入る雑居ビルに入った。ビルの外から団体関係者の姿は認められず、目立った混乱はなかった。

 ビル近くで働く男性会社員(48)は「地下鉄サリン事件をはじめ、オウム真理教の一連の事件は今も頭に焼き付いている。施設の存在は知っていた。今日の死刑執行をきっかけに、活動が活発化するかもしれない。正直、怖さはある」と語った。