産経ニュース

LGBTの悩み相談を 新潟市が県内自治体初の窓口

地方 地方

記事詳細

更新


LGBTの悩み相談を 新潟市が県内自治体初の窓口

 LGBT(性的少数者)の当事者や家族の悩みなどに対応するため、新潟市は専用の電話相談窓口を開設した。

 同市の男女共同参画課によると、LGBTに対応した電話相談窓口の設置は県内の自治体で初。市は昨年の6月議会をきっかけに、専門的な相談体制の構築に取り組み、今年度の当初予算には支援事業費として160万円を計上した。

 今月末までにLGBTに理解を求めるパンフレットを2千部作成し、公共施設などで配布する予定で、市民への啓発活動にも力を入れるという。

 市によると、およそ13人に1人がLGBTという民間の調査結果があり、同課の担当者は「悩んでいる人はぜひ、専用電話に相談してほしい」としている。

 受け付けは毎月第1月曜の午後5時~同8時半。時間は1人30分で、相談無料。臨床心理士など、専門の相談員が応じる。(電)025・241・8510。