産経ニュース

和歌山電鉄貴志川線、「七夕飾り電車」発車 ニタマ駅長も登場

地方 地方

記事詳細

更新


和歌山電鉄貴志川線、「七夕飾り電車」発車 ニタマ駅長も登場

 七夕を前に、和歌山電鉄貴志川線で5日、車内を笹で飾った「七夕飾り電車」の運行が始まった。和歌山駅(和歌山市美園町)では、貴志駅の三毛猫駅長「ニタマ」も登場し、子供たちが願い事を書いた短冊を笹に飾った。運行は7日まで。

 同市吉礼の「しょうぶこども園」の園児28人が参加。将来の夢やほしいものなどを書いた短冊を笹につけ、ラッピング電車「うめ星電車」内に飾った。宮井杏ちゃん(5)は、「ニタマがふかふかしていて気持ちよかった。動物が好きなので、ペットショップ店員になりたいと短冊に書いた」と笑顔で話した。

 また今回は県立貴志川高校(紀の川市貴志川町長原)の図書部員の高校生たちが、電車内で絵本や紙芝居などの読み聞かせをした。園児らは歓声を上げたり、前のめりになったりして物語に夢中になっていた。

 七夕飾りは7日まで和歌山と伊太祈曽、貴志の各駅にも設置され、短冊に願いを書いて飾ることができる。