産経ニュース

【須坂市動物園 飼育員日誌】ニホンザルの「モン」 寂しがり屋さん、声かけて

地方 地方

記事詳細

更新

【須坂市動物園 飼育員日誌】
ニホンザルの「モン」 寂しがり屋さん、声かけて

 モンは、平成27年春に野生で生まれたのちに、すぐさまある施設で保護され、28年7月に当園にやってきました。野生で生まれ育った時期があるのに、同じ環境にあった他のニホンザルとは違った特徴がたくさんあります。

 例えば、他のニホンザルは、生野菜を好んで口にするものです。でもモンは、煮たニンジンやサツマイモに真っ先に手を付けます。

 行動にしても、餌をもらえることが分かると、飼育員や来園者に向かって、キーキーと鳴いたり、甘えたようなかわいい声で鳴いたりします。

 私たちが思ってもみない行動をするので、楽しませてもらっている一方で、近くで作業をするときは、かえって緊張します。

 寂しがり屋さんで、声をかけると相づちを打っているかのように鳴いたりします。声をかけた来園者に、そんな振る舞いをして愛嬌(あいきょう)を振りまく姿もよく見かけます。ご来園の際には、ぜひ声をかけてあげてくださいね。(飼育ふれあい係 松本妃華)