産経ニュース

冷たくさわやか、ダムかき氷 津で「カレー」ヒントに考案

地方 地方

記事詳細

更新


冷たくさわやか、ダムかき氷 津で「カレー」ヒントに考案

 ■君ケ野ダムを「美杉茶」使い湖水表現

 茶のシロップで湖面の深緑を、練乳で固めた氷でダム堤体をイメージした「君ケ野ダムかき氷」を津市美杉町の市営保養施設、レークサイド君ケ野が考案し、21日から販売を始める。企画した同市美杉総合支所地域振興課は「地元産の食材で味も見た目もさわやかに仕上がった」と話している。

 ヒントになったのは、ダムをモチーフにした「ダムカレー」。ダムかき氷は、カレー皿に地域の特産である「美杉茶」のシロップをかけて、さらに粉末の抹茶を加えてダム湖の深い緑色を表現。堤体の外には下流に工場のある菓子メーカー、井村屋のゆであずきと手作り白玉を添えた。

 当初は溶けて味や形が安定せず苦労したというが、池田年幸調理長は「最初は見た目を、溶けてからは味を楽しんでもらえるように仕上げた」と話す。同施設は桜の咲く春や、紅葉の美しい秋などはにぎわうが、夏の利用者を増やそうと企画された。

 販売は9月30日までの毎週金曜~日曜の午前11~午後3時。1杯400円。期間中、同施設で食事またはドリンクを注文すると通常のかき氷が無料提供されるサービスも(中学生以下は希望者に提供)。問い合わせは市地域振興課(電)059・272・8085。