産経ニュース

小鹿野の子供歌舞伎をロシア公演前に披露

地方 地方

記事詳細

更新


小鹿野の子供歌舞伎をロシア公演前に披露

 初のロシア公演を控えた小鹿野町の「子供歌舞伎」が30日、小鹿野文化センターで、地元の人らに練習の成果を披露した。中学生と高校生の女子生徒2人が歌舞伎を通じて「ロシアと日本両国の友好の絆になるよう頑張ります」などとロシア語で「口上」を述べ、ロシア公演の本番と同じ歌舞伎を演じた。

 小鹿野町は江戸時代から歌舞伎が盛んで、日露交流事業の一環として28、29両日にロシアのウラジオストクで公演する。この日は口上に続き、子供歌舞伎に参加する小学生から高校生が、親の敵討ちを目指す兄弟の物語を演じ、会場からは歓声が上がった。

 その後の壮行会では子供歌舞伎のメンバーで、高校2年の飯塚光留さんが「ロシアに行くまでさらに練習し、いいものをロシアの皆さんに見せて、感動してもらえるよう頑張りたい」と力を込めた。