産経ニュース

自転車の空輸を手軽に せとうち観光推進機構などが専用ボックス開発

地方 地方

記事詳細

更新


自転車の空輸を手軽に せとうち観光推進機構などが専用ボックス開発

 一般社団法人「せとうち観光推進機構」(広島市)は、日本航空(JAL)などと自転車を手軽に空輸できる専用ボックスを共同開発したと発表した。8月から実証実験としてツアー客向けサービスを開始。将来は個人客向けのサービスも視野に入れている。

 これまでは飛行機で自転車を運ぶ場合、乗客が車輪やフレーム、サドルなどを分解する必要があり、分解や輸送中に破損の危険もあった。

 近年のサイクリングブームを背景に県内でも、しまなみ海道などで国内外からのサイクリング客が急増。手軽に自転車を輸送できる手段開発へのニーズが高まっていた。

 専用ボックスは、前輪を外すだけで大半の自転車を収納できる。1~2分程度で梱包(こんぽう)できるとしている。

 JALでは8月にモニターツアーを計画。利用者は羽田から広島入りし、しまなみ海道でサイクリングを楽しむ予定。

 機構の担当者は「新たな挑戦が日本全国や世界各国に広がり、サイクリングツーリズムが大きく飛躍して地域活性化につながることを期待している」と話している。