産経ニュース

富山の事件受け基本動作再確認 茨城県警が逮捕術大会

地方 地方

記事詳細

更新


富山の事件受け基本動作再確認 茨城県警が逮捕術大会

 富山市の交番で警察官が刺殺され、奪われた拳銃で警備員が撃たれて死亡した事件を受け、県警は28日、水戸市新原の県武道館で開かれた逮捕術大会の前に、改めて基本動作を確認する訓練を行った。

 逮捕術大会の参加者たちは開会式前に、2人1組で刃物を持った相手に襲われた場合と、拳銃を奪われそうになったときの対処動作を再確認した。

 県警教養課の担当者は「富山の事件を受けて大会に基本動作訓練を組み込んだが、あくまで再確認のためだ。事件があろうとなかろうと日頃から基本を忘れず訓練に励んでほしい」と話した。