産経ニュース

和空間でプリン 長野・善光寺近くに専門店

地方 地方

記事詳細

更新


和空間でプリン 長野・善光寺近くに専門店

 全国初となる茶室付きのプリン専門店が28日、長野市の善光寺近くにオープンした。茶菓子製造の「丸三三原商店」(安曇野市)が運営。善光寺周辺の新たな名物になりそうだ。

 店名は「善光寺ぷりん」で、長野市東町に位置し、善光寺から徒歩5分ほど。江戸時代から続いた油問屋の店舗をそのまま引き継ぎ、本格的な茶室空間を作り上げた。

 そんな「和空間」で味わえるのは、「洋菓子」のプリン。安曇野産牛乳を使うなど信州産の素材にこだわり、まろやかな深みのあるプリンになっているという。プレーンと抹茶、紅茶、ほうじ茶など常時計5~6種類を用意する予定。同社は「お茶室でプリンを食べる新感覚の『和体験』をしてもらいたい」と話している。

 茶室は約20席あり、ドリンクとセットで1千円(税抜き)。プリンは、茶室に併設する店舗で販売しており、持ち帰りもできる。