産経ニュース

窓口業務を民間委託 那須町、栃木県内自治体で初

地方 地方

記事詳細

更新


窓口業務を民間委託 那須町、栃木県内自治体で初

 那須町の平山幸宏町長は27日の記者会見で、町役場窓口での各種届け出や申請書の受け付け、証明書交付などの業務を7月から民間事業者に委託すると発表した。事務の効率化や町民のサービス向上を図る。窓口業務の民間委託は県内自治体では初めて。

 業務委託するのは富士ゼロックスシステムサービス(東京都千代田区)。契約期間は7月1日~平成33年6月30日、業務委託料は3年間で約9800万円。

 同社は常時6、7人の社員を配置し、住民票や戸籍謄本、印鑑登録など各種証明書の発行、転入・転出届の処理などの窓口業務を担う。

 同町は担当職員を従来の7人から4人に削減。個人情報や内部処理などの関係で管理職1人と職員3人を配置し、証明書交付などは町職員が点検する。

 同町は「民間委託で職員を専門性の高い職場に配置でき、窓口が混雑する繁忙期も人数が増えたことで安定した窓口対応ができる」と説明。今後、状況をみながら窓口業務の延長も検討する。(伊沢利幸)