産経ニュース

神戸・舞子高生が募金活動 大阪北部地震の支援呼びかけ

地方 地方

記事詳細

更新


神戸・舞子高生が募金活動 大阪北部地震の支援呼びかけ

県立舞子高校で行われた大阪北部地震の被災者への募金活動=神戸市垂水区 県立舞子高校で行われた大阪北部地震の被災者への募金活動=神戸市垂水区

 大阪北部地震の被災者を支援しようと、神戸市垂水区の県立舞子高校の生徒が27日、募金活動を始めた。防災を専門に学ぶ環境防災科の生徒ら12人が正門横に立ち、募金を呼びかけた。

 同科では、災害時に市民のリーダーになれる人材の育成を目指し、阪神大震災など過去の震災を教訓に、自衛隊員らを講師に招きながら今後への備えや震災発生時に必要な支援などを学んでいる。募金は被災者への支援の輪が広がることを期待して、同科の生徒が中心となって企画した。

 参加した生徒は、他の生徒が登校する午前8時10分から30分間、同校の正門横に立ち、大声で「温かいご支援よろしくお願いします」と募金を呼びかけた。多くの生徒が呼びかけに応じ、この日は1万3488円が集まった。大阪北部地震で倒壊した建物の修復などに役立ててもらうという。

 募金活動は29日までを予定。参加した3年の高田凜太郎さん(17)は「生徒が防災について考える機会になってほしい」と力強く話した。