産経ニュース

性暴力、被害時18歳未満が過半数 9割近く「顔見知り」 長野

地方 地方

記事詳細

更新


性暴力、被害時18歳未満が過半数 9割近く「顔見知り」 長野

 性暴力に遭った人のうち、過半数は被害時の年齢が18歳未満だった-。平成29年度に、性暴力被害者のワンストップ支援センター「りんどうハートながの」に寄せた相談内容から、子供に対する深刻な性被害の実態が明らかになった。新規相談の受付件数は、前年度より2件増の72件で、このうち半数を超える37件は、被害時の年齢が18歳未満だった。県は、子供を守る取り組みを加速させる必要性に迫られている。(太田浩信)

 被害者の性別は、女性が66件で男性は6件。被害者本人からの相談が50件と全体の約7割を占め、親など親族からは17件、知人・友人も5件あった。

 相談内容をみると、「強制性交など」に分類されるものが24件(このうち被害時年齢が18歳未満は11件)、「強制わいせつ」23件(同12件)、「性的虐待・性暴力」7件(同7件)、ドメスティックバイオレンス(DV)やセクハラなど「その他」18件(同7件)だった。

 加害行為は、面識がある人によるものが63件と9割近くを占め、内訳は、「親族・近隣」17件、「学校関係」11件、「職場関係」6件だったほか、最も多かったのは「他の知人」の29件。「面識なし・不明」も9件占めた。

 同センター事務局の県人権・男女共同参画課は、比較的近い関係にある人が加害側にいるため、被害者が声を上げづらいとの見方を示した上で、「相談に持ち込めず、悩みを抱えている人は相当数いる」と分析している。

 相談者の中には、被害に遭ってから一定期間後に相談する被害者も少なくないといい、心理的に不安定な状態を継続させていた実態がうかがえるという。

 同センターは28年7月、「県子どもを性被害から守るための条例」が施行されたことに伴い、開設された。専門知識や経験を持つ支援・相談員が、心理面や医療的措置、法律的な対応などのケアを行う。