産経ニュース

現地で五輪盛り上げよう アスリートら児童に呼びかけ 品川

地方 地方

記事詳細

更新


現地で五輪盛り上げよう アスリートら児童に呼びかけ 品川

 2020年東京五輪・パラリンピックを盛り上げようと品川区は27日、「義足のダンサー」としてリオパラリンピックの閉会式に出演した大前光市さんら3人を「しながわ2020スポーツ大使」に任命した。3人は任命式に参加した地元の小学生らに、大会の応援を呼びかけた。

 大使はほかに、北京、ロンドン五輪に出場した元競泳選手、伊藤華英さん、ブラインドサッカー日本代表の川村怜選手。

 同区は東京大会でホッケー、ビーチバレーボールの開催地となるほか、練習場所の提供などを通してブラインドサッカーを応援している。川村選手は同区に練習に通っており、大前さんらは同区に住む縁から大使任命につながった。

 任命式に参加した区立京陽小5年、三谷康侑(こう)さんの「ブラインドサッカーの見どころは」という質問に対し、川村選手は「目の見えない選手が、見えるキーパーからゴールを決めるところや、選手が声をかけ合い協力する姿はこの競技ならでは」と応じた。

 また、伊藤さんは「実際に見て空気を感じることがスポーツの醍醐味(だいごみ)。ぜひ見に行って、みんなで応援しましょう」と呼びかけた。