産経ニュース

「ペリエ千葉」あす全面開業、新たに87店オープン 周辺施設への集客策必要に

地方 地方

記事詳細

更新


「ペリエ千葉」あす全面開業、新たに87店オープン 周辺施設への集客策必要に

帰宅途中の会社員らの利用を見込んだ県内初出店の「ワールドワインバー バイ ピーロート」=26日、千葉市中央区のペリエ千葉(永田岳彦撮影) 帰宅途中の会社員らの利用を見込んだ県内初出店の「ワールドワインバー バイ ピーロート」=26日、千葉市中央区のペリエ千葉(永田岳彦撮影)

 JR千葉駅(千葉市中央区)の駅ビル「ペリエ千葉」が28日にグランドオープンするのに先立ち、JR東日本千葉支社と千葉ステーションビルは26日、新たにオープンする87店を報道陣に公開した。今回オープンするのは1階部分と地下1階部分で、県内初出店の飲食店や雑貨店、県産の食材にこだわった食品店などが多数出店。駅利用者を幅広く取り込む集客の拠点としたい考えだ。

 同施設は千葉駅駅舎の老朽化に伴う改修工事で閉鎖された旧駅ビルに変わる施設。平成23年1月の旧駅ビルの閉鎖後、同年10月に工事が始まり、28年11月から段階的にフロアをオープンさせてきた。

 今回の87店の開業で全277店がオープンし、駅舎部分も含め約8万3000平方メートルの大型商業施設が7年半の歳月を経て、全面開業する。

 千葉ステーションビルの椿浩社長は「周辺の街との回遊性を高め、千葉を元気にする起爆剤としたい」と話した。

                    

 約半世紀ぶりのJR千葉駅の駅舎新装に伴いリニューアルが進められてきた駅ビル「ペリエ千葉」が28日に全面開業する。ちばぎん総合研究所の調査では、平成29年9月の2~7階部分の開業後、駅周辺や近隣のそごう千葉店周辺の滞在人口は平日と休日の合計で6・8~9・0%増加。駅西口では病院や店舗などが入る複合ビルの開業も32年に予定されており、集客力はさらに高まりそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ペリエ千葉」あす全面開業、新たに87店オープン 周辺施設への集客策必要に
  • 「ペリエ千葉」あす全面開業、新たに87店オープン 周辺施設への集客策必要に
  • 「ペリエ千葉」あす全面開業、新たに87店オープン 周辺施設への集客策必要に