産経ニュース

生活保護費4300万円横領 北区2職員を“免職”

地方 地方

記事詳細

更新


生活保護費4300万円横領 北区2職員を“免職”

 北区は25日、区職員2人が生活保護費を横領し、1人を懲戒免職処分、もう1人を懲戒免職相当としたと発表した。合わせて管理職10人を減給などの処分とした。

 区によると、健康福祉部の40代男性職員は死亡していた7人の数年分の生活保護費約3千万円を横領していた。60代男性元職員は知人名義を使い、数年間にわたり約1300万円を横領していた。この職員は退職しているため、退職金の返納を求める。

 いずれも今年3月、2人の机上の書類を整理していて発覚した。横領の理由については調査中としている。

 区は40代職員について王子署に告訴、60代元職員についても告訴する予定だという。

 また、管理者である同部の部長級4人と課長級3人を減給10分の1(1カ月)処分に、係長級3人を戒告とした。

 区は外部有識者2人を含む再発防止検討委員会を設置し、9月までに原因究明と再発防止策を発表する。区によると事務作業を複数で行ったり、チェックしたりするなどのマニュアルや指示はないという。

 また、花川与惣太区長を減給10分の5(3カ月)、副区長2人を減給10分の3(3カ月)、教育長を減給10分の1(1カ月)とする条例案を開会中の区議会定例会に提出する。