産経ニュース

京急と都営浅草線、直通50年 記念式典に花電車

地方 地方

記事詳細

更新


京急と都営浅草線、直通50年 記念式典に花電車

京急電鉄と都営浅草線の相互直通運転50周年を記念した式典に登場した花電車を撮影する人たち=21日午後、品川駅 京急電鉄と都営浅草線の相互直通運転50周年を記念した式典に登場した花電車を撮影する人たち=21日午後、品川駅

 京急電鉄と都営浅草線の相互直通運転が50周年を迎え、品川駅(東京都港区)で関係者らが出席して記念式典が開かれた。50年前と同様、車両を花で飾って祝う「花電車」が登場。京急の原田一之社長は「都市間広域ネットワークの肝である相互直通の礎を築いた路線と言っても過言ではない。羽田、成田を結び、東京五輪・パラリンピックに向け、重要な役割を担う。さらなるアクセス強化を図る」とあいさつした。

 京急は明治38(1905)年、品川駅-神奈川駅で開通。さらに都心乗り入れを目指したが、日中戦争や第二次世界大戦で計画は頓挫した。しかし、戦後復興の中、浅草線の整備計画が浮上。浅草線は昭和35年に押上駅(同墨田区)-浅草橋駅(同台東区)で部分開業し、京成電鉄との相互直通が始まった。

 その後、京急と浅草線が難工事を経てそれぞれ泉岳寺駅(同港区)まで延伸し、43年6月21日、京急、浅草線、京成による相互直通が始まった。