産経ニュース

熊本の「九州ラーメン党」が大阪の被災地で炊き出し 「恩返しに」

地方 地方

記事詳細

更新


熊本の「九州ラーメン党」が大阪の被災地で炊き出し 「恩返しに」

運動場にテントを設け、ラーメンを振る舞うスタッフら=24日、大阪府茨木市 運動場にテントを設け、ラーメンを振る舞うスタッフら=24日、大阪府茨木市

 熊本地震で大きな被害が出た熊本県益城町のNPO法人「ボランティア仲間九州ラーメン党」のスタッフが24日、大阪府北部地震の被災者を支援しようと、大阪府茨木市役所近くの運動場で、熊本とんこつラーメンを振る舞った。代表の浜田龍郎さん(74)は「熊本地震の恩返しがしたい」と話している。

 かつてラーメン店を経営していた浜田さんは、各地の被災地で炊き出しをしてきた。長崎県の雲仙・普賢岳噴火や阪神大震災でも活動。東日本大震災以降は毎年、宮城県や福島県に行っている。

 平成28年の熊本地震では自らも被災したが、約5カ月間、無料でラーメンを提供した。

 この日、のぼりを掲げたテントの下でスタッフが次々に麺をゆがいて盛り付け、住民やボランティアに300食を振る舞った。自宅で家具が倒れ、片付けが終わらないという茨木市の小島大輔さん(41)は「まだ不安もあるが、おいしいラーメンにほっとした」と笑顔で話した。