産経ニュース

【小・中学校将棋団体戦】金沢小、造道中が東日本大会へ 青森

地方 地方

記事詳細

更新

【小・中学校将棋団体戦】
金沢小、造道中が東日本大会へ 青森

小・中学校将棋団体戦 小・中学校将棋団体戦

 文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦(日本将棋連盟、産経新聞社主催)の県大会が24日、青森市の県将棋連盟で行われた。小学校6チーム、中学校3チームが参加、小学校は同市立金沢小、中学校は同市立造道中が優勝、7月26日に東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールで開かれる東日本大会への出場を決めた。

 金沢小のメンバーは林幸之介君(4年)、奈良岡潤君(3年)、林仁子(にこ)さん(6年)。造道中のメンバーは蛯沢俊太君、片川秀君(いずれも2年)、成田琉真(りゅうま)君(1年)。

 林君は「決勝大会目指して頑張る」と抱負を語り、蛯沢君は「いつも通りの将棋を指せた」と振り返った。