産経ニュース

松江で水陸両用機運航開始 宍道湖上空など遊覧飛行

地方 地方

記事詳細

更新


松江で水陸両用機運航開始 宍道湖上空など遊覧飛行

 広島県尾道市を拠点に水陸両用機を運航する「せとうちSEAPLANES(シープレーンズ)」は24日、松江市の中海を発着し島根半島や宍道湖などの上空を周遊する遊覧飛行を始める。当面はプレオープン期間として土、日曜(3連休などの場合は祝日も含む)のみで、1日3回を予定する。

 飛行時間は約50分間。尾道の遊覧飛行と同じコディアック100水陸両用機(乗客定員7人)を使い、中海に面した「なかうみスカイポート」を発着する。

 プレオープンは2カ月程度を予定し、料金は12歳以上1万9千円、2~11歳1万5千円。その間に本営業の整備を進める。

 24日は午前10時半発と正午発の2便のみ運航。30日以降のダイヤは土曜が午前10時半、午後1時、2時半発、日曜・祝日が午前10時、11時半、午後2時発。