産経ニュース

室町最後の将軍・足利義昭、広島・鞆から手紙 帰京の助力求める

地方 地方

記事詳細

更新


室町最後の将軍・足利義昭、広島・鞆から手紙 帰京の助力求める

 室町幕府最後の将軍、足利義昭が、織田信長に京都を追放されて亡命していた鞆の浦(福山市)から、伊勢国(三重県)の武将、北畠具房(ともふさ)に宛てたとみられる帰京への助力を求める手紙が見つかり、福山市鞆の浦歴史民俗資料館で公開されている。

 室町幕府の将軍が私的な書状の形をとって差し出す命令書「御内(ごない)書」で、市出身の歴史資料収集家、守屋寿(ひさし)さんが今月、市内の県立歴史博物館に寄託した。

 芸州(毛利家)と相談して「早速帰洛候様馳走頼入候(速やかに都に帰れるよう助力してほしい)」などと記され、末尾に9月9日の日付と義昭の花押(かおう)(署名代わりの記号)、「北畠中将殿」の宛名がある。

 博物館は、毛利家に配慮した内容や花押の描き方などから、京都を逃れた義昭が紀伊国(和歌山県)を経て鞆の浦に入った天正4(1576)年の手紙と推定した。

 この年は、7月に大阪湾で起きた第1次木津川口海戦で毛利水軍が織田水軍を破って信長と戦争中の石山本願寺(大阪)への補給を成功させ、信長の譲歩を引き出して帰京できる可能性が高まったと義昭に思わせたとみられる。

 一方で、11月には信長の命で、前年に信長の次男、信雄(のぶかつ)に北畠家当主を譲っていた具房が幽閉され、信長に反発する動きを見せていた具房の父、具教(とものり)が殺害されたとされている。

 こうした流れから博物館は、この手紙が、信長による北畠父子の“粛正”に何らかの役割を果たした可能性もあるとみており、信長が天下統一を目指す途上のエピソードを色づける貴重な資料としている。

 公開は8月19日まで。