産経ニュース

熊本城の被災櫓倒壊 大雨で石垣の隙間に水か

地方 地方

記事詳細

更新


熊本城の被災櫓倒壊 大雨で石垣の隙間に水か

倒壊した熊本城の元太鼓櫓(熊本市提供) 倒壊した熊本城の元太鼓櫓(熊本市提供)

 熊本城(熊本市)で20日午後5時ごろ、見回り中の警備員が、熊本地震で傾くなどの被害が生じた元太鼓櫓が倒壊しているのに気付いた。けが人はなかった。市は、石垣の隙間に大量の雨水が入り込むなどして強度が下がったためとみている。

 市によると、櫓は平成15年に復元された。木造平屋で床面積は約60平方メートル。28年4月の大地震で、石垣が一部崩れて建物が傾き、不安定な状態だった。今年8月以降、解体と再建に着手する予定だった。

 福岡管区気象台によると、熊本市では前日の降り始めから20日午後3時ごろにやむまで、総雨量200ミリ超を観測した。