産経ニュース

関前南小のブロック塀撤去 武蔵野市、緊急点検で「補強不十分」

地方 地方

記事詳細

更新


関前南小のブロック塀撤去 武蔵野市、緊急点検で「補強不十分」

 18日の大阪北部地震でブロック塀が倒れ、小学4年女児が死亡したことを受け、武蔵野市は市立小中学校のブロック塀を緊急点検した。関前南小(同市関前)で補強が不十分とみられるブロック塀が見つかったため撤去すると発表した。

 市教委は18日午後から目視などによる緊急点検を実施。ブロック塀は8校にあり、そのうち関前南小南側の通学路に面したブロック塀は補強する「控壁」がないことが分かり、すみやかに撤去する。

 撤去工事は22日から行い、他の7つの塀についても耐震性を詳しく調べる。学校のブロック塀の安全性についてはこれまで、各校で建築基準法に基づく定期点検を行ってきたという。