産経ニュース

警察・児相連携強化へ 都の児童虐待防止PT初会合

地方 地方

記事詳細

更新


警察・児相連携強化へ 都の児童虐待防止PT初会合

 目黒区のアパートで3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が死亡した事件を受け、児童虐待防止に向けた都のプロジェクトチーム(PT)が21日、初会合を開いた。

 児童相談所(児相)と警察の連携強化や児童虐待防止を目指す独自の条例制定を通じて、虐待の未然防止・早期発見ができる体制を早急に作ることを確認した。

 PT本部長の川澄俊文副知事は冒頭、「都の児相が関与しながら今回の事件が起きたのは痛恨の極み。全庁一丸となり児童相談体制をスピード感を持って強化する」とあいさつした。

 会合では、児相と警察の情報共有の範囲について、これまでは暴行による身体的虐待に限定していたが、今後は、保護者が児相の訪問を拒否した場合などで連携することを確認。子供の前で家族に暴力をふるうなどの心理的虐待や性的虐待、ネグレクト(育児放棄)などのリスクが高い事案も情報共有していくとした。

 行政や都民、保護者が果たすべき役割などを盛り込む予定の条例制定については、検討会を立ち上げる方向で調整している。