産経ニュース

岡山県PR動画に出演しよう 「ハレウッド俳優」今年も募集

地方 地方

記事詳細

更新


岡山県PR動画に出演しよう 「ハレウッド俳優」今年も募集

 県は今年度制作する県PR動画の出演者を「ハレウッド俳優オーディション2018」として募集している。締め切りは7月1日で、県内出身のお笑いコンビ「千鳥」の“しゃべるポスター画像”などで応募を呼びかけている。

 募集資格は県内在住か、県にゆかりのある人。申し込み方法は、県の魅力を伝える1分以内の自作動画で、詳細は県ホームページ内の専用サイトで案内している。

 賞金(出演料)は主演俳優(1、2人)が20万8092円、助演俳優(若干名)が5万8092円。これとは別に作品賞(3賞)も設けたほか、先着100人にはオリジナルTシャツも贈られる。

 決定した出演者による撮影は8月上~中旬で、9月上旬からウェブ上で公開される。監督は引き続き倉敷市出身で、俳優・映画監督の前野朋哉さん(32)が務める。

 千鳥による出演者募集用の動画は、ハレウッド事業PR用に作製されたポスター4種類(1種類追加)をベースに、メンバーの大悟さんとノブさんの口元のみが動き、ユーモラスに口上を述べる合成映像で仕上げており、インターネット上で公開している。

 「ハレウッド」とは、映画の聖地・米ハリウッドと県のキャッチフレーズ「晴れの国」を組み合わせた造語。問い合わせは県公聴広報課(電)086・226・7158。