産経ニュース

新鮮なマグロ堪能して!! 勝浦漁港に「にぎわい市場」23日オープン

地方 地方

記事詳細

更新


新鮮なマグロ堪能して!! 勝浦漁港に「にぎわい市場」23日オープン

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る那智勝浦町の勝浦漁港に23日、「勝浦漁港にぎわい市場」がオープンする。新鮮なマグロを提供するコーナーなどが設けられ、町は、町中観光の拠点施設にしたいと期待する。

 町が地方創生拠点整備交付金を活用して建設。木をふんだんに使った外見の木造平屋建てで、建築面積は約560平方メートル、床面積は約440平方メートル。本体工事費は約1億3150万円。運営は指定管理者の「那智勝浦まぐろブランド推進協会」が担う。

 建物内には、マグロの解体が毎日見られるガラス張りのイベントコーナーや、直売コーナー、テナントコーナーなど4コーナーが設置される。直売コーナーでは新鮮な生マグロや地元の野菜、水産加工品などを販売。テナントコーナーではマグロ料理やすし、うどんなどを8店舗が提供。建物の海側に設けるウッドデッキが飲食コーナーとなり、港の雰囲気を楽しみながら飲食できる。営業時間は午前8時から午後3時。火曜定休。

 オープンを前に堀順一郎町長は「新鮮な生マグロを食べていただいて、さらに町中をめぐってもらえる拠点にしたい。町ににぎわいをもたらし、人口増にもつながれば」と話している。

 23日にはオープン記念式典の後、午前10時からオープニングイベントを開催。ライブ演奏やダンスなどのステージがある。オープニングイベントの問い合わせは町観光企画課(電)0735・52・2131。