産経ニュース

茨城県庁「浅田真央展」に2万人超 本人も“満足”

地方 地方

記事詳細

更新


茨城県庁「浅田真央展」に2万人超 本人も“満足”

「浅田真央展」のオープニングセレモニーでテープカットを行った浅田真央さん(左)と大井川和彦知事=8日午前、県庁(丸山将撮影) 「浅田真央展」のオープニングセレモニーでテープカットを行った浅田真央さん(左)と大井川和彦知事=8日午前、県庁(丸山将撮影)

 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央さん(27)の競技人生を写真や衣装などでたどる展示会「浅田真央展」の入場者数が、10日間で2万1088人に上ったことが県国体・障害者スポーツ大会局のまとめで分かった。

 展示会は県庁25階で8日から17日まで開催。同局によると、1日ごとの入場者数では、最終日で日曜だった17日が2804人で最多だった。約1割の来場者が県外から足を運び、栃木、福島など隣県のほか名古屋市など遠方から訪れた人もいたという。

 展示会は平成31年に開かれる茨城国体のPRも兼ねて開かれ、大井川和彦知事は19日の記者会見で「国体の周知につながった。担当部局には『よくやった』と言いたい」と語り、盛況の様子を伝えられた浅田さんが「満足そうだった」とも明かした。

 8月18、19日には、笠松運動公園(ひたちなか市佐和)のアイススケート場で、アイスショー「浅田真央サンクスツアー茨城公演」が開催される。

このニュースの写真

  • 茨城県庁「浅田真央展」に2万人超 本人も“満足”