産経ニュース

航空業界の仕事体験 取手の小学校 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


航空業界の仕事体験 取手の小学校 茨城

客室乗務員の説明を受けながら、救命胴衣の着用を体験する児童たち=19日午後、取手市吉田 客室乗務員の説明を受けながら、救命胴衣の着用を体験する児童たち=19日午後、取手市吉田

 茨城県取手市吉田の市立取手東小で19日、現役のパイロットや客室乗務員らが講師を務め、仕事を紹介する航空教室「ミライつく~る」が開かれた。6年生93人が航空業界での仕事の魅力に触れ、将来の夢を膨らませた。

 航空教室は、ANA(全日本空輸)グループが授業の一環として実施しており、子供たちが仲間と協力、相談し、課題を解決していく形式となっている。児童は5つのグループに分かれ、救命胴衣や航空機の部品など実際の現場で扱っている道具も使い、仕事を体験した。

 パドルと呼ばれる道具で飛行機の誘導体験をした上田望睦(のぞむ)君(12)は「合図の意味がたくさんあって、右と左で違う動きをするのが面白かった」と感想を語った。