産経ニュース

尼崎城、来年3月29日オープン

地方 地方

記事詳細

更新


尼崎城、来年3月29日オープン

今年度、完成する尼崎城のイメージ図(尼崎市役所提供) 今年度、完成する尼崎城のイメージ図(尼崎市役所提供)

 尼崎市は19日、今年10月完成予定の尼崎城=完成予想図=の一般オープンが来年3月29日に決まったと発表した。初年度は22万人の来場を見込む。稲村和美市長は「尼崎のシンボルとして愛される城にしたい」と話している。

 尼崎城は、家電量販大手のミドリ電化(現エディオン)の創業者、安保詮(あぼあきら)氏が10億円超の私費を拠出して建設し、完成後に市へ引き渡す。現在は城の上棟部分が完成しているほか、石垣がほぼ組み上がり、天守閣などの建設が進んでいる。

 市によると、一口城主や一枚瓦などの寄付は現時点で計約4100件あり、募金額は当初の目標1億円を上回る約1億2千万円に達しているという。

 オープン前日には開城記念式典が開かれるほか、オープンから3日間は地元住民などを対象にしたイベントを行う予定。入場料は一般500円、小・中学生と高校生250円。