産経ニュース

鍛冶体験「トン、テン、カン」 長浜で子供たち、ものづくり熱中

地方 地方

記事詳細

更新


鍛冶体験「トン、テン、カン」 長浜で子供たち、ものづくり熱中

 長浜市鍛冶屋町で17日、地元住民らでつくる実行委員会主催のまちおこしイベント「とんてんかんin鍛冶屋」が開かれ、子供たちが鍛冶体験を楽しんだ。

 同地域は長浜を治めた豊臣秀吉が草野槍(やり)の生産地として保護し、江戸時代から昭和にかけて農具製作の鍛冶の村として栄えた。

 イベントは市有形民俗文化財に指定されている「萬右(まんよ)鍛冶小屋」で行われ、訪れた子供たちが重い槌(つち)を握り、相槌を打つ鍛冶職人の指導で「トン、テン、カン」のリズムに合わせて火花を散らしていた。

 会場では竹とんぼやブローチ作りなどのワークショップも行われ、子供たちは「ものづくり」のおもしろさに熱中していた。