産経ニュース

【政界徒然草】「ひどすぎた」安倍政権批判で自滅した野党 新潟知事選の勝敗分けた戦略

地方 地方

記事詳細

更新

【政界徒然草】
「ひどすぎた」安倍政権批判で自滅した野党 新潟知事選の勝敗分けた戦略

新潟県知事選の応援に駆けつけた立憲民主党の枝野幸男代表(左上)ら野党党首たち=6月2日、新潟市中央区(太田泰撮影) 新潟県知事選の応援に駆けつけた立憲民主党の枝野幸男代表(左上)ら野党党首たち=6月2日、新潟市中央区(太田泰撮影)

 政局の行方を左右するともいわれた10日投開票の新潟県知事選は、自民、公明両党の支援を受けた元海上保安庁次長の花角英世氏(60)が、野党6党派が支援した元県議の池田千賀子氏(57)との事実上の一騎打ちを制した。政党色を打ち消し、国会議員があまり表に出ない“ステルス作戦”を展開した花角陣営と、野党の幹部級が次々と入って安倍晋三政権批判を繰り返した池田陣営。勝敗の分かれ目はどこにあったのか。

 「国の政治はとんでもない状況だ。安倍首相の嘘を守るために、みんながこぞって嘘をつく。こんな政治はもう終わりにしよう。池田氏を当選させ、首相に引導を渡そうじゃありませんか」

 選挙期間中の2日、新潟市内で開かれた野党6党派の代表らによる合同街頭演説会。マイクを握った共産党の志位和夫委員長(63)は花角氏を「与党丸抱えの候補」と断じ、安倍政権批判を展開した。他の党派の代表らも同様に、安倍政権を痛烈に批判することを忘れなかった。

 国民民主党の大塚耕平共同代表(58)は森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題にからみ「事実を隠蔽し、改竄し、廃棄し、そして熟議を避けて権力を乱用する。こんな政治、許せますか」と主張。自由党の小沢一郎代表(76)は「原発政策を考えたときに、これほど危険な政権はない。この選挙で安倍政権を交代させることができる」と声を張り上げた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ひどすぎた」安倍政権批判で自滅した野党 新潟知事選の勝敗分けた戦略
  • 「ひどすぎた」安倍政権批判で自滅した野党 新潟知事選の勝敗分けた戦略
  • 「ひどすぎた」安倍政権批判で自滅した野党 新潟知事選の勝敗分けた戦略
  • 「ひどすぎた」安倍政権批判で自滅した野党 新潟知事選の勝敗分けた戦略
  • 「ひどすぎた」安倍政権批判で自滅した野党 新潟知事選の勝敗分けた戦略