産経ニュース

児童虐待対策「スピード感持ち強化」 知事、児相の職員増指示

地方 地方

記事詳細

更新


児童虐待対策「スピード感持ち強化」 知事、児相の職員増指示

 目黒区のアパートで3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が死亡した事件に関して小池百合子知事は15日の定例会見で、「スピード感を持って体制強化を進めていく」との考えを示した。

 小池氏は事件を受け、児童相談所に配置する専門職員の増員を指示。担当部局が、警察当局との連携のあり方なども含めて検討している。

 児童虐待が疑われる事案について、「警察と全件情報共有すべき」との指摘があり、一部の県では行われているが、小池氏は「ゼロか百かではなくどうすれば一番効果が出るのかをベースに考えるべきではないか」と述べるにとどめた。

 また、7月をメドに国が緊急対策を打ち出すとしていることについては「国と地方の両方で取り組むべき課題だ」と指摘した。