産経ニュース

「馬に乗るの楽しみ」 祇園祭の久世駒形稚児決まる

地方 地方

記事詳細

更新


「馬に乗るの楽しみ」 祇園祭の久世駒形稚児決まる

 祇園祭の神幸(しんこう)祭(7月17日)と還幸(かんこう)祭(同24日)で八坂神社の神輿(みこし)を馬で先導する「久世駒形稚児(くぜこまがたちご)」を担う2人が決まり、15日、京都市南区の綾戸國中(あたとくなか)神社で発表された。

 2人は市立西院小学校2年、井口祐有(ゆう)君(7)と市立久世西小学校3年、●島颯馬(はいじま・そうま)君(8)。井口君が神幸祭を、●島君が還幸祭を担当する。井口君は「緊張しているけれど、本番に向けて頑張りたい」、●島君は「馬に乗るのを楽しみにしている。馬の上でじっとできるようにしたい」と緊張した面持ちで話した。

 久世駒形稚児は唯一、八坂神社境内に騎馬の状態で入ることが許され、祭りでは馬に乗って神輿の一つ「中御座」を先導する。毎年、綾戸國中神社の氏子から選ばれている。

●=くさかんむりに配