産経ニュース

九州ニュービジネス大賞 木村情報技術が受賞

地方 地方

記事詳細

更新


九州ニュービジネス大賞 木村情報技術が受賞

ニュービジネス大賞を受賞した木村隆夫氏(右)=福岡市内 ニュービジネス大賞を受賞した木村隆夫氏(右)=福岡市内

 ベンチャー企業の育成、支援に取り組む九州ニュービジネス協議会(会長、貫正義九州電力会長)は13日、平成30年度の九州ニュービジネス大賞に、人工知能(AI)を活用したシステム開発を手がける木村情報技術(佐賀市、木村隆夫社長)を選んだ。

 同社は28年、米IBMのAI「ワトソン」を利用したシステム開発を始めた。製薬会社のコールセンターの支援システムを構築するといった実績が、高く評価された。

 この日、福岡市内で開かれた表彰式で、木村氏は「医療分野に限らず、AIの活用領域を広げてナンバーワン企業を目指す」と語った。

 同賞は新たな市場を開拓するなど、将来を期待できる企業を表彰する制度。今年は15回目で、九州一円の企業16社を審査した。

 その他の受賞企業は次のの通り。

 【九州アントレプレナー大賞】オファサポート(宮崎市、服部幸雄社長)

 【優秀賞】マトヤ技研工業(鹿児島県曽於市、益留福一社長)

 【奨励賞】教育情報サービス(宮崎市、荻野次信社長)▽ユーコネクト(福岡市中央区、佐藤賢吾社長)