産経ニュース

【小・中学校囲碁団体戦】山形は新庄市立日新小が全国進出

地方 地方

記事詳細

更新

【小・中学校囲碁団体戦】
山形は新庄市立日新小が全国進出

第15回文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦の山形県代表を目指し、熱戦を繰り広げる参加者=10日、山形市城西町の霞城公民館(柏崎幸三撮影) 第15回文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦の山形県代表を目指し、熱戦を繰り広げる参加者=10日、山形市城西町の霞城公民館(柏崎幸三撮影)

 第15回文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦(日本棋院、産経新聞社主催)の山形県大会の小学校部門が10日、山形市の霞城公民館で開かれた。

 県大会は、出場3組(各3人)の山形市立第二小学校、山形市立第十小学校、新庄市立日新小学校の出場校3組(各3人)の総当たり戦で進行。各3局のうち2局を制すと団体戦勝利になるルールで行われ、新庄市立日新小学校(栗田拓三、長谷川幸久、二戸啓心)が、山形市立第二小、同十小を下し優勝した。

 全国大会に向け5年の栗田君(11)は「初戦で一勝できるよう頑張りたい」、5年の長谷川君(10)は「全国大会でベストが尽くせるよう頑張りたい」、4年の二戸君(9)は「全国大会で勝って、ベスト3になるよう結果を出したい」などと抱負を述べた。3人は7月29、30日に日本棋院で開催される全国大会に出場する。(敬称略)

このニュースの写真

  • 山形は新庄市立日新小が全国進出
  • 山形は新庄市立日新小が全国進出