産経ニュース

グランドピアノをミャンマーに寄贈 大田区

地方 地方

記事詳細

更新


グランドピアノをミャンマーに寄贈 大田区

 大田区は3月末に閉館した区民センター音楽ホールにあったグランドピアノ2台をミャンマーの国立交響楽団に寄贈した。松原忠義区長は「寄贈により区とミャンマーの絆をより深めていく」などとしている。

 寄贈はミャンマー国立交響楽団の音楽ディレクターとして活動している指揮者、山本祐ノ介さんの橋渡しで実現した。

 ミャンマー国立交響楽団には十分な楽器がなく、ピアノも演奏会のたびに借りなければならないのが実情。山本さんがそのことを、指揮したことのある区ハイドン室内管弦楽団に伝えたところ、同楽団が区に寄贈を働きかけた。