産経ニュース

植物通じて「ハワイ」知って 大阪・咲くやこの花館で歴史など紹介

地方 地方

記事詳細

更新


植物通じて「ハワイ」知って 大阪・咲くやこの花館で歴史など紹介

 植物を通じてハワイを知ってもらおうと大阪市鶴見区の咲くやこの花館で「ハワイの植物展」が開催されている。ハワイ州の花「ハイビスカス」を中心に、ハワイの音楽やダンス、グルメなどを紹介し、ハワイ気分を演出。23日は同館のハワイに関する植物を巡るフラワーツアーもある。

 今年で12回目。ハワイにはさまざまな植物が生息するが、ハワイのイメージがある植物の多くは外来種で、ハワイ原産の生態系に大きな影響を与えており、こうした現状を伝えることも目的のひとつとしている。

 2階展示室では、ハイビスカスとハワイの関係をパネルなどで解説。現在普及しているハイビスカスの大半がアフリカ原産であるなど、知られざる歴史や経緯などを紹介している。また23日午後1時半からのフラワーツアーでは、ハワイの生活や文化と関わりの深い植物についてガイドを行うという(無料、当日30分前に申し込み、先着25人)。

 久山敦館長は「今や大阪で見かける草花のほとんどがアメリカやヨーロッパから入ってきたもの。ハワイの現状を知り、日本の植物を考えるきっかけにしてもらえたら」と話している。

 24日まで。高校生以上500円。午前10時~午後5時、月曜休館。問い合わせは同館(電)06・6912・0055。