産経ニュース

阪神大水害80年 被害の記憶を次世代に 六甲砂防事務所などが写真や体験談募集

地方 地方

記事詳細

更新


阪神大水害80年 被害の記憶を次世代に 六甲砂防事務所などが写真や体験談募集

 阪神大水害の発生から今年で80年となるのに合わせ、水害の危険を次世代に伝えようと、近畿地方整備局六甲砂防事務所などが、同水害の体験談や被害があった当時の地域の写真といった資料の提供を呼びかけている。集まった資料は「阪神大水害デジタルアーカイブ」としてインターネット上に公開し、小中学校の地域学習などで利用してもらうという。

 阪神大水害は、昭和13年7月に神戸市や阪神地域で発生。同市では1時間に最大60ミリを超える大雨が降り、河川の氾濫や崖崩れなどで600人を超える死者・行方不明者が出た。当時、住吉村(現神戸市東灘区)に住んでいた谷崎潤一郎の小説「細雪(ささめゆき)」にも、大水害の様子が描かれている。

 水害から80年を経て、当時を実際に経験した人が少なくなっていることから、同事務所を中心に実行委員会を発足。8月末まで資料の提供を受け付けることにした。集まった資料は県立大などと連携し、「阪神大水害デジタルアーカイブ」で年内にも公開する予定。ネットで誰でも閲覧できるようにするという。

 同事務所は「家族から伝え聞いた話など、わずかなことでもいいので連絡してほしい。特に若い世代に阪神大水害のことを知ってもらい、次の災害に備えてもらえれば」としている。

 問い合わせは実行委事務局(フリーダイヤル0120・123・464、平日午前9時半~午後5時)。