産経ニュース

きれいな琴引浜にさわやかな歌声響く 拾ったごみがコンサート入場券に 

地方 地方

記事詳細

更新


きれいな琴引浜にさわやかな歌声響く 拾ったごみがコンサート入場券に 

 国の天然記念物・琴引浜(京丹後市網野町)で拾ったごみが入場券になるユニークな音楽会「第25回 はだしのコンサート」が3日、琴引浜近くで開かれた。市内外から大勢の聴衆が集まり、夏を思わせる太陽の下で音楽を楽しんだ。

 海岸の景観保護に関心を持ってもらおうと、地元の市民らでつくる「はだしのコンサート実行委員会」が主催した。

 コンサートに先立ち、県立網野高校のボランティア部が、砂浜で小型のプラスチック片「マイクロプラスチック」を見つける競技「ゴミリンピック」を開催。参加者は砂をふるいにかけて懸命にマイクロプラスチックを探していた。

 同部長で3年の今井望愛(のあ)さん(17)は「海洋環境の汚染で問題になっているマイクロプラスチックのことを知ってもらうきっかけになれば」と話していた。

 コンサートでは、音楽ユニット「アルケミスト」ら計5組のアーティストがステージに登場し、さわやかな歌声を響かせた。

琴引浜近くで開かれた「はだしのコンサート」。