産経ニュース

季節彩る「あじさい園」 洲本・あわじ花山水にオープン

地方 地方

記事詳細

更新


季節彩る「あじさい園」 洲本・あわじ花山水にオープン

園内に設けられたアジサイのオブジェで写真を撮る来園者=2日、洲本市千草戊 園内に設けられたアジサイのオブジェで写真を撮る来園者=2日、洲本市千草戊

 約4千本のアジサイが咲き誇る観光農園「源流の郷 あわじ花山水」(洲本市千草戊)の「あじさい園」が2日、今シーズンの営業を始めた。6月中旬に見頃となる見込みで、7月8日まで営業を続ける予定。

 同園は、オーナーの水田進さん(68)が平成13年に会社を早期退職後、水田約5千平方メートルを整備してオープン。アジサイとともに田んぼや水車といった日本の原風景を楽しめることなどから、観光地として定着している。

 園内には西洋アジサイのほか、小さな花を咲かせる「山アジサイ」など約70種が咲き誇り、観光客らが写真を撮影するなどして楽しんでいる。家族と訪れた同市大野の柏木悠生君(5)は「青や赤、ピンクなどいろんなアジサイがあって面白かった」と話していた。

 6月24日には敷地内で野点(のだて)やオカリナ演奏が催される。入園料は中学生以上500円。午前9時~午後5時。問い合わせは同園(電)0799・22・7300。