産経ニュース

クジラの歯磨き、地元園児も体験 和歌山・くじらの博物館

地方 地方

記事詳細

更新


クジラの歯磨き、地元園児も体験 和歌山・くじらの博物館

 「歯と口の健康週間」(4~10日)にちなみ、太地町立くじらの博物館で1日、飼育するクジラの歯磨きをするイベントが始まった。地元の「太地こども園」の園児28人も招かれ、クジラの歯の特徴などを教わっていた。

 この日のイベントは同館で飼育しているハナゴンドウなど4頭で行い、子供のハナゴンドウ「レン」と母親の「ニール」も親子で“参加”。ハナゴンドウの歯は下あごに数本しか生えないといった特徴を飼育員が説明し、ブラシを使ってやさしく歯を磨いた。

 また、見学した園児のうち4人が飼育員の手ほどきを受けながら、レンなどの歯磨きを体験。参加した執行香羽ちゃん(5)は「小さい歯だったけど、うまく磨けました」と話した。イベントは10日まで。1日3回のクジラショーの終了後に行う。問い合わせは同館(電)0735・59・2400。