産経ニュース

来春の茨城県立高入試は3月5日 インフル対象に追試験導入

地方 地方

記事詳細

更新


来春の茨城県立高入試は3月5日 インフル対象に追試験導入

 県立高校等入学者選抜方法協議会(委員長・横田和巳水海道一高校長)は31日、来春の県立高入試について、一般入学の学力検査を3月5日とする協議結果を柴原宏一県教育長に提出した。

 一般入試の出願期間は2月12~14日で、特色選抜などは3月6日に実施する。

 並木と古河の県立中等教育学校、県立日立一高付属中学校の出願期間は12月3~5日で、選抜検査を1月12日に行い、合格発表は同月23日とした。日程は7月上旬~中旬に正式決定する。

 また、同協議会はインフルエンザなどで高校を受験できなかった生徒を対象に、追試験を導入する方針を決めた。これまでは試験日に別室受験などの対応を取っていたが、来春の入試では本試験の6日後に追試験日を設ける予定だ。県教委は9月下旬までに追試験の内容や手続き方法などについてまとめる。