産経ニュース

東北電の被災変電所すべて復旧 福島・大熊で来月再開

地方 地方

記事詳細

更新


東北電の被災変電所すべて復旧 福島・大熊で来月再開

 東北電力は東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で休止している大熊変電所(大熊町)の運転を、6月下旬から再開する。これで被災した東北電の全ての変電所が復旧する。除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の本格稼働や避難住民の帰還に向けた特定復興再生拠点区域(復興拠点)整備で、周辺地域の電力需要が見込まれるため、運転再開を決めた。

 東北電によると、震災や津波で青森、岩手、宮城、福島の4県にある延べ75カ所の変電所が被災。順次復旧したが、大熊変電所は帰還困難区域にある上、住民避難による電力需要の減少のため、休止状態が続いていた。昨年12月に復旧作業に着手、配電盤や開閉器などを事前にコンテナに収納する手法を取り入れ、作業員の被曝(ひばく)線量抑制などを図った。

 大熊変電所は、第1原発がある大熊、双葉両町を中心に電力供給する。最大4万キロワットで、概算1万3千世帯に送電できる。現在、両町には浪江町と富岡町にある変電所から送電しており、大熊変電所の再開により、電力供給の安定性が向上するという。

 東北電福島支店の林隆寿支店長は「地元の顧客に安心して電気を使ってもらえるようにすることが使命。複数の電力供給拠点を設ければ、安定的に電力が供給できる」と意義を強調した。