産経ニュース

「来季こそB1昇格」 ロボッツ、水戸市長に意気込み

地方 地方

記事詳細

更新


「来季こそB1昇格」 ロボッツ、水戸市長に意気込み

 水戸市などを拠点とするバスケットボール男子プロリーグ「Bリーグ」2部(B2)の「茨城ロボッツ」の選手らが29日、同市役所を訪れ、高橋靖市長に今季の結果を報告した。

 ロボッツは今季、終盤に17連勝の怒濤(どとう)の追い上げで地区優勝に迫ったが、最終戦で敗れ、惜しくも2位に。B2優勝やB1昇格をかけたプレーオフ進出を逃してしまった。

 高橋市長は「大変残念だったが、夢を見させてもらった」とねぎらい、「確実に成績がよくなってきているので、来季も楽しみに応援したい」と語った。

 岡村憲司選手兼監督(45)は「来季は今季のメンバーが多く残っているので、ぶっちぎりでプレーオフ進出を決めたい」と意気込んだ。今季キャプテンを務めた真庭城聖選手(32)は「今季できなかったB2優勝、B1昇格を成し遂げたい」と力を込めた。