産経ニュース

【第3回水戸黄門漫遊マラソン】印籠型に「葵の御紋」今回も 完走メダルデザイン決定

地方 地方

記事詳細

更新

【第3回水戸黄門漫遊マラソン】
印籠型に「葵の御紋」今回も 完走メダルデザイン決定

 10月28日に水戸市で開催される「第3回水戸黄門漫遊マラソン」(同市など主催、産経新聞社共催)に向け、マラソンの部の完走記念メダルのデザインが決定した。大会本番まで約5カ月。6月29日のエントリー締め切りが迫る中、大会の準備が着々と進められている。

 完走記念メダルは、「昨年のランナーにかなり好評だった」(実行委事務局)という印籠型を踏襲。表面には水戸徳川家の家紋「葵の御紋」をあしらい、下部には大海原に広がる穏やかな波を模した「青海波」の文様をデザイン。リボンもこれまでの紫色から緑色に変更し、水戸の自然を表現したという。

 前回は台風の影響で雨中の大会となったが、1万1千人を超えるランナーが深秋の水戸を快走。沿道からの切れ目のない声援やボランティアなどが高く評価された。平成29年に開催された大会から市民ランナーの投票を基に選ぶ「全国ランニング大会100撰」に2回目にして選出された。

 実行委事務局の担当者は「ランナー応援隊やボランティアなど、市民協働で水戸ならではのおもてなしを強化していきたい」と話している。 (上村茉由)

                   ◇

 第3回大会は、マラソンの部(高校生を除く満18歳以上)、参加料8千円(医療従事者6千円)▽5キロの部(高校生以上)、参加料一般3千円・高校生2千円▽3キロの部(中学生・小学4~6年生)、参加料500円。申し込みは「RUNNET」または「じょいすぽ!!」のホームページから。

 水戸市は、ふるさと納税の返礼品としてマラソンの部の参加権を提供している。大会前日の「みまつホテル」(同市宮町)の朝食付きシングルルーム宿泊プラン付き。先着50人限定で、同市市民税課によると23日までに22人の申し込みがあった。4万3千円以上寄付した市外在住者が対象。ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」から申し込む。6月29日まで。

 問い合わせは実行委事務局(電)029・303・7808。