産経ニュース

日本海中部地震あす35年 矢口高雄さん旧作が教訓「津波はどこでも起こる」

地方 地方

記事詳細

更新


日本海中部地震あす35年 矢口高雄さん旧作が教訓「津波はどこでも起こる」

「激濤 Magnitude7.7」(左)とベースになった記録「大津波に襲われた」 「激濤 Magnitude7.7」(左)とベースになった記録「大津波に襲われた」

 秋田県を中心に計104人の死者を出した日本海中部地震から26日で35年。「釣りキチ三平」で知られる同県出身の漫画家、矢口高雄さん(78)は津波に遭った人々の様子を当時取材、約30年前に「激濤(げきとう) Magnitude7.7」という作品に描いた。「地震大国の日本で、津波はどこでも起こりうる災害と知ってほしかった。『のど元過ぎれば熱さを忘れる』ではいけない」と振り返る。 (藤沢志穂子)

                   ◇

 「激濤~」は秋田県つり連合会(秋田市)が、地震発生の昭和58年にまとめた記録「大津波に襲われた」がベース。タイトルは地震の規模を示している。県内の死者83人は、津波被害が大部分を占めており、何が生死を分けたのか、を釣り人や漁師などの生還者、遺族らに聞き取り調査した。

 この記録に「突き動かされた」という矢口さんが漫画化を思い立ち、翌年の昭和59年に男鹿半島を中心に追加取材。17のエピソードを元に「事実に基づいたフィクション」として、平成元年に青年漫画誌で連載を開始、17年に上下巻で文庫化された。現在は絶版だが、電子版で入手できる。

 作品では津波の悲惨さや兆候の見分け方、逃げ方も紹介した。「地震が来たらとにかく高台へ逃げる『てんでんこ』も知られておらず、『山が崩れるから海に逃げろ』という言い伝えまであった。海のそばにいると、地震の揺れを感じにくいことも紹介した」

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本海中部地震あす35年 矢口高雄さん旧作が教訓「津波はどこでも起こる」