産経ニュース

伊勢シーパラ、「世界カワウソの日」に合わせ写真撮って拡散を!

地方 地方

記事詳細

更新


伊勢シーパラ、「世界カワウソの日」に合わせ写真撮って拡散を!

 伊勢シーパラダイスは、絶滅の危機にある野生のカワウソ類について広く知ってもらおうと設けられた「世界カワウソの日」(30日)に合わせて、同園の双子のツメナシカワウソ「きらり」と「ひかり」が園内を散歩し、写真撮影に応じる。SNS(交流サイト)などを通じて発信してもらうのが狙い。

 世界カワウソの日には、野生のカワウソ類の現状のほか、動物園、水族館などでの取り組みも知ってもらおうと、世界各地の施設がイベントを開催する。

 伊勢シーパラダイスで、カワウソの散歩は不定期で行っている。

 今回は、26日から6月3日までの午後0時半から10分ほど、きらりとひかりが柵を出て散歩し、写真パネルを使っての記念撮影に応じる。

 ツメナシカワウソは南アフリカに生息する大型のカワウソ。伊勢シーパラダイスを含め国内3施設で計7頭が飼育されている。きらりとひかりは、国内で初めて授乳期からの人工哺育を行い、今年4月10日で1歳になった。