産経ニュース

曲芸飛行で3万人魅了 静浜基地航空祭

地方 地方

記事詳細

更新


曲芸飛行で3万人魅了 静浜基地航空祭

航空祭で曲芸飛行を繰り広げるブルーインパルス=20日、焼津市上小杉の航空自衛隊静浜基地(石原颯撮影) 航空祭で曲芸飛行を繰り広げるブルーインパルス=20日、焼津市上小杉の航空自衛隊静浜基地(石原颯撮影)

 焼津市の航空自衛隊静浜基地で20日、基地設立60周年と焼津市・大井川町の合併10周年を記念した航空祭が開かれ、同基地所属の「T-7」をはじめ全国各地から集った8機種22機が、快晴の空の下、それぞれのパフォーマンスを披露した。

 満を持して登場したのは、全国の航空ファンから人気を集める航空自衛隊松島基地所属の「ブルーインパルス」。青と白にカラーリングされた6機が澄んだ青空にスモークを描きながら一糸乱れぬ華麗な曲芸飛行を披露すると、約3万人が詰めかけた会場からは大きな歓声がわき上がった。

 同市の中学1年、吉田律城さん(12)は2年連続の登場となったブルーインパルスのパフォーマンスに、「(スモークで)星を描くところがかっこよかった。また来年も来たいです」と目を輝かせていた。

 航空祭ではこのほか機内公開やステージイベントなども催され、多くの家族連れでにぎわった。

このニュースの写真

  • 曲芸飛行で3万人魅了 静浜基地航空祭
  • 曲芸飛行で3万人魅了 静浜基地航空祭