産経ニュース

UAゼンセン県支部、拉致解決を求め福島で署名活動

地方 地方

記事詳細

更新


UAゼンセン県支部、拉致解決を求め福島で署名活動

 製造業や小売業などの労働組合が加盟する産業別労組「UAゼンセン」福島県支部のメンバー約50人が、JR福島駅前広場で北朝鮮による日本人拉致問題の全面解決と被害者家族への支援を呼びかけ、署名活動を行った。

 同支部によると、この日集まった署名は約100筆。鈴木三男支部長は「被害者全員が帰国するまで、継続して取り組んでいきたい」と話した。

 UAゼンセンは平成14年から毎年、署名活動を実施。4月には昨年度に全国で集めた約46万3千筆の署名を加藤勝信拉致担当相に提出している。