産経ニュース

改憲ソング流し署名活動 松山で参加者ら歌詞配布し呼びかけ

地方 地方

記事詳細

更新


改憲ソング流し署名活動 松山で参加者ら歌詞配布し呼びかけ

 憲法改正を呼びかける街頭署名活動が19日、松山市湊町の市駅前坊っちゃん広場で行われ、元中学校教師、大津寄章三(おおつきしょうぞう)さんが作詞作曲したキャンペーンソング「好きですニッポン、われらのKENPO」の歌を流し、参加者らは憲法改正の必要性を訴えるビラとキャンペーンソングの歌詞を書いたビラを市民に手渡し、署名を求めていた。

 「美しい日本の憲法をつくる愛媛県民の会」による活動で、毎月第1、第3土曜日に行っている。キャンペーンソングを流しながらの活動は初めて。歌は大津寄さんが「子供たちにも関心をもってほしい。誰でも口ずさめるように」と作った。

 会のメンバーらは「国会で一日も早く改憲の発議をしてもらいたい」として、自衛隊、緊急事態条項、選挙制度、教育問題といった憲法改正に絡む課題を行き交う人たちに熱心に訴えた。